今日の国内市況:日本株は3日ぶり急反落、債券は反発-ユーロ下落

東京株式相場は3日ぶりに急反 落。欧米、中国の不安材料を背景にした円高傾向で採算悪化への懸念 が広がり、電機や精密機器、化学といった輸出関連株が売られた。国 際商品市況の下落を嫌気し、商社や非鉄金属など資源関連株も安い。

日経平均株価の終値は前日比171円61銭(1.5%)安の1万 1102円18銭と約半月ぶりの安値水準。TOPIXは10.06ポイン ト(1%)安の988.84。

シカゴ先物市場(CME)の円建て日経平均先物6月物の15日 清算値は大阪証券取引所の通常取引終値と変わらずだったが、朝方か らの為替の円高、米国株指数先物安を受けて週末の日本株は開始早々 から売りが先行した。午前半ばに中国株が下げて始まると、一段安の 展開。日経平均は取引時間中の直近高値1万1408円から、きょうの 終値まで2.7%下げた。

東証1部の売買高は概算で22億2185万株、売買代金は同1兆 5102億円。値上がり銘柄数は320、値下がりは1256。業種別33指 数の下落率上位には、鉄鋼やゴム製品、ガラス・土石製品が並んだ。

この日の為替市場では、ユーロ・円相場が1ユーロ=125円30 銭台と1週間ぶりの円高水準となったほか、ドル・円でも円が強含み となった。ギリシャ支援や中国の金融為替政策に関する不透明感が要 因。

米モルガン・スタンレーは、ギリシャの債務危機がドイツのユー ロ圏からの離脱を引き起こす恐れがあると警告した、と英紙テレグラ フが伝えた。ドイツではギリシャ支援への協力に反発が広がり、ドイ ツ財務省はギリシャ支援が議会で採決にかけられる公算が大きいとの 見解を示していた。また、中国国務院は一部の住宅購入に対するロー ンの最低金利と頭金の割合を引き上げるなど、一段の金融引き締めへ の警戒感が強い。

さらに前日の米国では、新規失業保険申請件数が予想外に増加し、 労働市場の改善が鮮明になるまで時間がかかるとの見方が浮上。3月 の米鉱工業生産指数の伸びも予想を下回った。エネルギー需要回復の 鈍さが懸念され、同日のニューヨーク原油先物5月限は前日比0.4% 安の1バレル=85.81ドルと下げた。

銅先物も下落。大和証券キャピタル・マーケッツでは、きのう午 後に発表された世界3位の鉱山会社リオ・ティントの決算での、同社 の銅の見通しはネガティブサプライズとし、三菱商事にとってもネガ ティブと指摘した。

値上がり銘柄数と値下がり銘柄数の百分比を示す東証1部の騰落 レシオは、16日時点で144%。先週には約12年ぶりとなる153% まで上昇、現在も経験的に相場過熱を示す120%以上を大きく上回っ た状態で高止まりしている。

今晩の米国株市場を占う24時間取引のGLOBEX(シカゴ先 物取引システム)では、米S&P500種指数先物が基準価格比0.5% 安で推移した。インターネット検索最大手、米グーグルは15日の通 常取引終了後に10年1-3月(第1四半期)決算を発表。費用を除 いた1株利益は6.76ドルと、一部アナリスト予想を下回り、同社株 は時間外取引で通常取引終値から5%超下げた。

債券は反発

債券相場は反発(利回りは低下)。米国債相場の上昇や国内株式 相場の下落を受けて先物は1カ月ぶり高値圏に上昇する場面があった。 現物市場でも中長期ゾーンを中心に買いが優勢となり、長期金利は3 週間ぶりの低水準で取引された。

東京先物市場の中心限月6月物は反発。前日比9銭高い138円 80銭で始まり、朝方の買い一巡後は138円78銭まで伸び悩んだ。 しかし、その後に再び買いが入るとじり高に推移して、午後には3月 17日以来の139円台目前の138円99銭まで上昇。引けにかけても 高値圏を維持して、結局は22銭高の138円93銭で週末の取引を終 えた。

前日の5年利付国債(88回債)の入札が好調となったことで、 市場で現物需給の良好さが意識されたほか、その後の米国債市場で長 期金利が低下したことが朝方の買い材料となった。15日の米国債市 場では先週1週間の新規失業保険申請件数が予想外に増加したため、 米10年債利回りは3ベーシスポイント(bp)低い3.83%程度とな った。

さらに、為替市場の円高基調や国内株相場の反落も債券先物の 押し上げ要因となった。

米国市場では株式相場が堅調だったものの、この日の日経平均 株価はマイナス圏での取引に終始。午後の取引で一時は3月30日以 来の安値をつけ、結局は171円61銭安い1万1102円18銭で引け た。

現物市場で長期金利の指標とされる新発10年物の306回債利回 りは、前日比1bp低下の1.35%で始まった。いったんは1.355% での推移となったが、その後に再び買いが膨らむと3月24日以来の 低水準となる1.345%をつけ、午後には1.34%まで買い進まれた。

ここ数年は4-6月期に金利が上昇するパターンを繰り返した ため、4月に入っても投資家は新規投資に慎重姿勢を取っていたが、 米金利の上振れ懸念が後退する中で買い圧力が強まってきた。

ただ、日米ともに景気回復期待が根強いことから、円安や株高 基調に大きな変化が起きないかぎり金利低下余地は小さいといった指 摘も聞かれた。

ユーロ下落

東京外国為替市場ではユーロが下落。ギリシャ問題をめぐり、米 証券会社がドイツのユーロ圏離脱を警告したとの英紙報道などが売り 材料となり、対円では1週間ぶり安値を付けた。

ユーロは対円で1ユーロ=126円台前半から一時、125円6銭ま で下落。対ドルでは1ユーロ=1.35ドル台後半から一時、4営業日 ぶり安値となる1.3514ドルまで値を下げた。

一方、円は主要16通貨すべてに対して前日終値から上昇した。 日本株やアジア株が軟調に推移したため、リスク回避に伴う高金利通 貨売り・円買いが強まった。中国の人民元切り上げや預金準備率引き 上げに対する警戒感も円を支えた。

ドル・円相場は1ドル=93円台前半から一時、92円53銭と3 月30日以来、約2週間半ぶりの水準までドル安・円高が進行。サン フランシスコ連銀のイエレン総裁は15日、米経済が「正しい軌道に 乗っている」との確信を一段と強めていると述べた一方、米国の財政 赤字に強い懸念を示した。

英紙テレグラフは、米モルガン・スタンレーがギリシャの債務危 機が一連の出来事を引き起こしており、ドイツのユーロ圏からの離脱 を引き起こす恐れがあると警告した、と伝えた。同社は、ギリシャ救 済は欧州の金融システムの危機回避のために必要かもしれないが、そ れは将来のより大きな問題の種をまく恐れがあると指摘した。

ユーロ圏財務相によるギリシャ救済の条件合意を受け、週明け以 降、外国為替市場ではユーロの買い戻しが進む場面も見られたが、 15日には10年物ギリシャ国債とドイツ国債のスプレッド(利回り 格差)が急拡大するなどギリシャ不安が再燃。この日の東京市場では、 テレグラフの報道を手掛かりにユーロ売りが加速する展開となった。

ギリシャ政府のドル建て国債発行計画に対する疑念が生じたこと もユーロ売りを後押しした。時事通信によると、ギリシャ公的債務管 理庁(PDMA)のクリストドゥル長官はインタビューで、支援枠組 み合意後も市場の緊張が続いていることについて不満を示し、20日 以降に米国でギリシャ国債に関する投資家説明会を実施した後も「ド ル建て国債を発行するかどうかは分からない」と語った。

アジア開発銀行(ADB)の李鍾和チーフエコノミストは16日、 ブルームバーグ・ニュースとのインタビューに応じ、中国の人民元に ついて、かなり過小評価されていると述べた上で、中国当局による人 民元相場の早期の柔軟化が望ましいとの考えを示した。さらに、中国 はファンダメンタルズ(経済の基礎的諸条件)を反映した為替制度に 戻すべきだと語った。

円はオーストラリア・ドルに対して前日終値比で約0.8%上昇。 ポンドに対しては同1.2%高となっている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE