米HP:従業員による贈賄疑惑を米SECが調査-独ロ当局も

米ヒューレット・パッカード(H P)の従業員が、受注獲得のため外国政府当局者に不正な支払いを行 ったとされる疑惑について、米証券取引委員会(SEC)が調査して いる。この疑惑をめぐっては欧州でも調査が行われている。

パソコンとプリンター世界最大手であるHPのモスクワ事業所は、 贈賄疑惑をめぐり14日に捜索を受けた。同社は15日、SECと協議 したと発表。米国とロシア、ドイツの当局に協力していると説明した。

独検察当局は、HPが約7年前に行ったロシアへのコンピュータ ー販売に絡む汚職疑惑を捜査している。販売額は3500万ユーロ(現在 の為替レートで約43億9000万円)。ザクセン州検察当局のウォルフガ ング・クライン報道官は15日の電話取材に対し、同社が契約獲得のた めに、わいろを支払ったかどうかを調べていると語った。

SECのジョン・ハイン報道官、米司法省のローラ・スウィーニ ー報道官はいずれもコメントを控えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE