JPモルガンのインド投資銀責任者、クレディSに移籍か-関係者

インドのJPモルガンチェースで 投資銀行部門の責任者を務めるヴェディカ・バンダルカル氏が退社し、 クレディ・スイス・グループに移籍する可能性がある。両社の事情に 詳しい関係者が明らかにした。バンダルカル氏は同僚にこの意向を伝 えたという。

関係者1人が協議が非公式であることを理由に匿名で語ったとこ ろによれば、1988年からインドのJPモルガンに勤務するバンダルカ ル氏は、クレディ・スイス側とインド投資銀行部門の責任者への就任 で話し合いを進めている。JPモルガンの企業金融部門でマネジング ディレクターを務めるサンディープ・パンガル氏(ムンバイ在勤)も、 バンダルカル氏とともにクレディ・スイスに移る可能性があるという。

バンダルカル、パンガル両氏はコメントを控えた。両氏は2008 年にNTTドコモがインドのタタ・テレサービシスに27億ドル(約 2500億円)の出資を決める際に助言役を務めるなど、複数の案件をと もに手掛けた。JPモルガンとクレディ・スイスの広報担当者もコメ ントしなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE