野村アセットが10年ぶりIT株投信、話題の「クラコン」「スマグリ」

国内最大手の投信運用会社である 野村アセットマネジメントは16日、「クラウドコンピューティング」 「スマートグリッド」という2つのテーマに関連した銘柄で運用する ファンドを新規設定した。同社ではITバブルの2000年を最後に、I T関連に特化した商品は出していなかったが、両テーマ市場の拡大を 受け10年ぶりに投資家に提供する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。