ユーロ下落、ギリシャ懸念再燃で対円1週間ぶり安値―円は全面高

東京外国為替市場ではユーロが 下落。ギリシャ問題をめぐり、米証券会社がドイツのユーロ圏離脱を 警告したとの英紙報道などが売り材料となり、対円では1週間ぶり 安値を付けた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。