日本株は輸出や資源関連中心に急反落、円高警戒感や国際商品市況安

東京株式相場は3日ぶりに急反落。 欧米、中国の不安材料を背景にした円高傾向で採算悪化への懸念が広が り、電機や精密機器、化学といった輸出関連株が売られた。国際商品市 況の下落を嫌気し、商社や非鉄金属など資源関連株も安い。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。