航空業界、欧州空港閉鎖で10億ドル損失も-アイスランドの噴火の影響

アイスランドの火山噴火による火 山灰の拡散で、英国や欧州北部諸国の空港が閉鎖されている。業界コ ンサルタント会社、アジア太平洋航空センター(CAPA)は、こう した状況が3日継続した場合、航空業界は10億ドル(約930億円) の収入を失う可能性があるとの見方を示した。

シドニーを拠点とするCAPAのデレク・サドゥビン最高執行責 任者(COO)はブルームバーグ・ニュースへの電子メールで、「業界 は数億ドルの収入を失う恐れがあり、最大10億ドルに達する可能性 もある」との試算を示した。

CAPAによると、欧州で空港閉鎖が続いた場合、約600万人の 利用者に影響が出る。アイスランドのエイヤフィヤトラヨークトル氷 河にある火山の噴火による火山灰が欧州北部に到達し、米デルタ航空 や英ブリティッシュ・エアウェイズ、豪カンタス航空など多数の航空 会社が運航を取りやめた。

CAPAは、火山灰による「影響が今日なくなったとしても、運 航スケジュールを戻すには数日かかるだろう」と指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE