独8空港が閉鎖、フランクフルトも今後影響か-アイスランド火山灰で

アイスランドの火山噴火による 火山灰雲の影響で、ドイツの8カ所の空港が閉鎖されている。同国 最大のハブ空港であるフランクフルト空港にも、16日午前には影 響が出てくる可能性がある。

同国の航空管制を行うDFSによれば、ハンブルク、ブレーメ ン、ハノーバー、ミュンスター・オスナブリュック、デュッセルド ルフ、ケルン、ベルリンの2空港の計8空港が16日午前8時(日 本時間午後3時)まで閉鎖。火山灰雲の南下に伴いフランクフルト、 その後はシュツットガルトとミュンヘンも、運航制限または閉鎖の 対象となる可能性があるという。

DFSの広報担当ウーテ・オッターバイン氏は電話で、「閉鎖 中の空港が午前8時に再開される可能性は現時点ではほとんどない とみられる」とし、「フランクフルトについては状況を見ていると ころだが、影響が出ると予想している」と述べた。

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net Editor:Akiko Kobari 記事に関する記者への問い合わせ先: 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Hellmuth Tromm at +49-30-70010-6221 or htromm@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE