NY原油(15日):下落、景気とエネルギー需要回復鈍化の兆しで

ニューヨーク原油相場は下落。 過去7営業日のうち6日間で値下がりした。米新規失業保険申請件数 が予想外に増加し、2カ月ぶり高水準となったほか、米鉱工業生産の 伸びが予想を下回り、エネルギー需要回復の鈍化が示唆された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。