NY外為:円上昇、人民元上昇警戒で成長通貨買い後退

ニューヨーク外国為替市場では、 円がユーロに対し6営業日ぶりに上昇。中国の2010年1-3月(第 1四半期)の実質国内総生産(GDP)が約3年ぶりの高い伸びと なったことで、同国が人民元の上昇容認を余儀なくされるとの観測 が広がり、経済成長との関連が強い通貨への需要が後退した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。