ソニーの訴えをITCが調査へ、特許侵害問題で

ソニーが香港の冠捷科技(TPV テクノロジー)と台湾の奇美電子を相手取り、特許侵害で訴えていた 問題で、米国際貿易委員会(ITC)が調査に乗り出す。特許侵害が 認められた場合、冠捷科技と奇美電子のコンピューター・モニターの 対米輸入が差し止められる可能性がある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。