ソニーの訴えをITCが調査へ、特許侵害問題で

ソニーが香港の冠捷科技(TPV テクノロジー)と台湾の奇美電子を相手取り、特許侵害で訴えていた 問題で、米国際貿易委員会(ITC)が調査に乗り出す。特許侵害が 認められた場合、冠捷科技と奇美電子のコンピューター・モニターの 対米輸入が差し止められる可能性がある。

ITCの15日の発表によると、ソニーは中国で製造されているデ ジタルテレビとモニターが10件の特許を侵害していると訴えている。

-- Editors:

参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor: Shigeru Chiba 記事に関する記者への問い合わせ先: Susan Decker in Washington at +1-202-624-1941 or sdecker1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Stephen Farr at +1-302-661-7610 or sfarr@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE