グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市 場の動きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は続伸。中国のインフレ率が市場予想を下回ったこ とから引き締め政策への懸念が後退した。米銀JPモルガン・チェー スが前日発表した好決算も地合いを良くした。

中国のアルミニウム生産最大手、中国アルミ(チャルコ、2600 HK)は2.6%高。2009年収入の20%を北米で得た英銀HSBCホ ールディングス(5 HK)は2.2%上昇した。

ハンセン指数は前日比36.39ポイント(0.2%)高の

22157.82。この日発表された3月の中国消費者物価指数(CPI) は前年同月比2.4%上昇と、エコノミスト予想の2.6%上昇を下回っ た。同日発表された2010年1-3月(第1四半期)の実質GDP (国内総生産)は前年同期比11.9%増。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS) の中国調査責任者、ウェンディ・リウ氏は電子メールで「一連のマク ロ経済指標は目先の政策変更をもたらす内容ではなかった」と指摘し た。今後は景気過熱と政策変更の兆候を警戒していく方針だと述べた。

ハンセン中国企業株(H株)指数は、前日比0.2%安の

12813.88で終了した。

沖合石油探査で中国最大手の中国海洋石油(Cnooc、883 HK)は3.1%高。中国国際航空(753 HK)は5.1%高。中国2位の 石炭会社、中国中煤能源(1898 HK)は2.2%上昇。3月の原料炭 生産が前年同月比で53%増加したとの発表が好感された。

一方、中国政府系の不動産会社、中国海外発展(688 HK)は

1.7%下落。中国は不動産価格の上昇抑制を狙った政策を加速する計 画だと中国紙、上海証券報が報じ、中国の不動産株が売られた。

【中国株式市況】

中国株式相場は小幅安。上海総合指数が3日ぶりに反落した。 中国の今年1-3月(第1四半期)が約3年ぶりの高成長となったこ とを受けて、政府が景気沈静化とインフレ抑制を図る措置を強化する との懸念が強まった。

中国2位の不動産会社、保利房地産集団(600048 CH)は1年 ぶり安値を付け、不動産株の下げを主導。政府が不動産税を導入する 可能性があるとのアナリストの見方が嫌気された。家電大手の珠海格 力電器(000651 CH)と広東美的電器(000527 CH)はともに

1.3%安。第1四半期GDPが前年同期比11.9%増加したことで、 利上げ懸念が広がった。

一方、同国最大の製油会社、中国石油化工(Sinopec、 600028 CH)と2位のペトロチャイナ(中国石油、601857 CH)は 値上がり。16日の株価指数先物の取引開始で、構成比重の大きい銘 柄の需要が拡大するとの観測が背景にある。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動 している上海総合指数は、前日比1.22ポイント安の3164.97で終 了。値下がり銘柄と値上がり銘柄の割合は約5対2。上海、深セン両 証取のA株に連動しているCSI300指数は同0.3%安の3394.57。

精熙投資管理のファンドマネジャー、王征氏(上海在勤)は 「中国経済は依然として過熱の兆候を示しており、引き締めに関する 政府の姿勢が反転する可能性は低い」と指摘。同氏は、「不動産市場 が向こう数カ月間の主な引き締め対象となることから、不動産銘柄に は弱気だ」としている。

【インド株式市況】

インド株式相場は下落。インド準備銀行(RBI、中央銀行)が インフレ抑制に向け利上げするとの観測を背景に、指標のセンセック ス30種株価指数が2週間ぶり安値となった。

住宅金融でインド最大手のハウジング・デベロップメント・ファ イナンス(HDFC)は3営業日続落。15日の政府発表によれば、 インドのインフレ率は1年5カ月ぶり高水準にとどまり、20日に四 半期会合を開くRBIに利上げを迫る圧力が強まった。時価総額で国 内最大の企業、リライアンス・インダストリーズは約2カ月ぶりの大 幅安。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は前営業日比182.70ポ イント(1%)安の17639.26と、先月31日以来の安値で引けた。 14日のインド株式市場は祝日のため休場だった。

HDFC(HDFC IN)は2.1%下げ2689.70ルピー。リライア ンス(RIL IN)は2.7%安の1090.70ルピーと、2月18日以降で 最大の値下がり。

【オーストラリア株式市況】

オーストラリアの株式市場では15日、指標となるASX200 指数が前日比7.2ポイント(0.1%)高の5001.9で終了し、終値 ベースでは2008年9月22日以来初めて5000を突破した。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前日比8.58 ポイント(0.5%)高の

1743.91。

【台湾株式市況】

加権指数は前日比74.81ポイント(0.9%)高の8171.94。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前日比2.80ポイント(0.1%)安の3016.94。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサマレーシアKLCI指数は前日比2.94ポイン ト(0.2%)高の1338.83。

【タイ株式市況】

15日のタイ株式市場はソンクラーン(旧正月)のため休場。取 引は16日に再開される。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前日比15.52ポイント(0.5%)高の

2900.53。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前日比20.85ポイント(0.6%)安の

3278.84。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE