対米中長期証券投資:2月は買越額が471億ドルに増加

海外投資家からの米株式や債券、 その他長期金融資産に対する需要は2月に拡大した。特に米国株や 政府機関債への投資が増加した。

米財務省が15日に発表した2月の対米証券投資統計によると、 外国の政府と投資家の中長期金融資産取引額は外国人からみて471 億ドルの買い越しとなった。買越額は1月の150億ドル(速報値191 億ドル)から拡大した。ブルームバーグがまとめたエコミスト予想 では297億ドルの買い越しが見込まれていた。

財務省短期証券(TB)や株式スワップなど短期資産を含む金 融資産の合計は90億ドルの買い越しと、前月の102億ドルの売り 越しからプラスに転じた。

中国は引き続き世界最大の米国債保有国だが、保有額は前月比 115 億ドル減少して8775億ドルだった。米国債保有の縮小はこれ で4カ月連続となった。日本は前月比31億ドル増の7685億ドルで 第2位だった。

中長期の米国債は481億ドルの買い越し、前月の614億ドルの 買い越しから減少した。買越額の減少は3カ月連続。

ファニーメイ(連邦住宅抵当金庫)やフレディマック(連邦住 宅貸付抵当公社)など米政府機関債は24億ドルの買い越しだった (前月は50億ドル売り越し)。

米株式は129億ドルの買い越し、前月の45億ドルの買い越し から増加した。米社債は2月に120億ドルの売り越し、前月は246 億ドルの売り越しだった。

ックしてご覧ください。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE