全日空社長:さらに羽田国際線の容量拡大を-ビジネスチャンス期待

全日本空輸の伊東信一郎社長は15 日の定例会見で、羽田空港の発着枠増分の大部分が国際線に割り当て られる方針に関し、「そんなに多くはないのではないか」と述べた。そ の上で、「もっとあってもよい」と語り、国際線の一段の容量拡大に期 待を表明した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。