ドイツの景気回復、10年は輸出需要が原動力に-独8大経済研

ドイツの8大経済研究所は、今年 の同国経済が回復に向かっているとの見方を示した。中国を含む新興 国市場からの自動車や機械などドイツ製品に対する需要が原動力にな るという。

ベルリンで15日発表された半期リポートによると、独経済成長率 は2010年が1.5%、11年は1.4%となる見込み。今年の成長率は昨年 10月予測の1.2%から上方修正された。財政赤字に関しては、対国内 総生産(GDP)比で09年の3.3%から10年に4.9%に拡大した後、 11年に4.2%に縮小すると予想した。

各研究所は「年初に受注が力強く伸び、輸出は引き続き回復して いる」とし、「企業は将来への自信を深めている」と分析した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE