アジア株:上昇、米企業決算で景気回復への信頼感高まる-東芝が高い

15日のアジア株式相場は上昇。 MSCIアジア太平洋指数は1年8カ月ぶりの高値を目指す展開とな っている。米企業決算などを受けて、世界経済に対する信頼感が高ま った。

アルミニウム生産で中国最大手のチャルコ(中国アルミ)は香港 市場で2.9%高。中国の2010年1-3月(第1四半期)の実質国内 総生産(GDP)は約3年ぶりの高い伸びとなったことが手掛かり。 北米での売上高が全体の17%を占める東芝も値上がり。米銀JPモル ガン・チェースと小荷物輸送最大手の米ユナイテッド・パーセル・サ ービス(UPS)の決算を好感した。三菱UFJフィナンシャル・グ ループも高い。日本銀行の白川方明総裁は定例支店長会議で、「景気が 再び大きく落ち込む恐れはかなり後退した」と述べた。

MSCIアジア太平洋指数は、日本時間午後3時45分現在、前 日比0.7%高の129.23と、2008年8月1日以来の高値を付ける勢 い。日経平均株価は同68円89銭(0.6%)高の1万1273円79銭 で取引を終えた。

AMPキャピタル・インベスターズの投資戦略責任者、シェーン・ オリバー氏(シドニー在勤)は「14日発表された米経済指標はいずれ も良好な内容だった」と指摘。「指標からは、個人消費がしっかりと回 復し、今後も伸びることが示唆された。ただ、短期的な調整リスクは 否定できない」と語った。

-- With assistance from Masaki Kondo in Tokyo and Norie Kuboyama in Tokyo. Editors: Darren Boey, John McCluskey

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Shani Raja in Sydney at +61-2-9777-8652 or sraja4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Darren Boey at +852-2977-6646 or dboey@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE