インドの3月の卸売物価:1年5カ月ぶり大幅上昇-利上げ観測強まる

インドの3月の卸売物価は1年5 カ月ぶりの大幅上昇となった。インド準備銀行(RBI、中央銀行) が来週の政策決定会合で利上げに踏み切る可能性が強まった。

インド商工省が15日発表した2月の同国の卸売物価指数(WPI) は前年同月比9.90%上昇となった。2月は9.89%上昇だった。ブルー ムバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト20人の予想中央値では

10.37%上昇と予想されていた。

HSBCホールディングスのシンガポール在勤エコノミスト、ロ バート・プライアーワンデスフォード氏は統計発表前に、「インド中銀 は賃金と物価期待を抑制するためにやり残していることが多くある」 と指摘した。同氏はインド中銀が20日の政策会合で0.25ポイント利 上げすると見込んでいる。

-- With assistance from Manish Modi and Unni Krishnan in New Delhi. Editors: Cherian Thomas, Michael Dwyer

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Kartik Goyal in New Delhi at +91-11-4179-2030 or kgoyal@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Michael Dwyer at +61-2-9777-8651 or mdwyer5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE