インドの中型株は買い、経済成長から恩恵-エーデルワイスのシャー氏

インドの中型株は2020年までの景 気拡大から恩恵を得たい投資家にとって最高の投資先だと、エーデル ワイス・キャピタルは指摘している。

エーデルワイスのラシェシュ・シャー最高経営責任者(CEO) は時価総額が5億-30億ドル(約467億-2800億円)の範囲にある建 設株や金融株、メディア株は最も「魅力ある価格水準」だと推奨した。 具体的な銘柄名には言及を控えた。同氏はインドの経済規模が1兆 2000億ドルから2020年までには4兆7000億ドルに拡大する可能性が あり、同国の資本市場の価値が高まるとの見方を示した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス指数は同国の大企業30社で 構成されており、年初来では2%高。昨年は81%上昇した。シャー氏 によると、最大で総額350億ドルに上る新株発行やインフレの加速が 収益見通しや上向いている投資センチメントを圧迫するため、センセ ックス指数は1万5000-2万の間で一進一退となる可能性があると 予想した。

シャー氏は14日にブルームバーグのシンガポール支局でインタ ビューに答え、「今年は収穫ではなく種まきの年だ」と述べ、「強気相 場は見込めないため、投資家は資金をゆっくり運用すべきだ。それで も投資機会はある。特に中型株はチャンスだ」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE