中国:1-3月期GDPは11.9%増-景気過熱リスク鮮明に

中国の2010年1-3月(第1四 半期)の実質国内総生産(GDP)は約3年ぶりの高い伸びとなった。 景気過熱リスクが鮮明になったことから、人民元の事実上のドル・ペ ッグ(連動)の廃止を求める圧力が強まりそうだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。