NY原油時間外:続伸、86ドル台-先週の原油在庫が予想外の減少

ニューヨークの原油先物相場は15 日の時間外取引で続伸。米政府が発表した先週の原油在庫が予想外に 減少したことを好感した。ガソリンの需要は過去5年間で最大の上昇 率となった。

前日の通常取引は2.1%上昇した。米エネルギー省が発表した先週 の原油在庫は220万バレル減少した。減少は11週間ぶり。ブルームバ ーグ・ニュースによるアナリスト調査では、130万バレル増が予想され ていた。9日まで4週間のガソリン需要は1.3%増となり、2004年8 月以降で最大の上昇率を示した。

ナショナル・オーストラリア銀行の鉱物・エネルギー担当エコノ ミスト、ベン・ウェストモア氏(メルボルン在勤)は「原油在庫の減少 は予想外で、輸入増と相まって何週間も在庫増が続いていたため、やや 一服感が出た。ガソリンの需要も増えている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は一時、 37セント(0.4%)高の1バレル=86.21ドルを付けた。シンガポー ル時間午前9時25分(日本時間同10時25分)現在、86.12ドルで 推移している。前日の通常取引は1.79ドル高の85.84ドルで引け、 5営業日続落に終止符を打った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE