ウォルマートがエクソンから首位奪還-フォーチュン誌大企業500社

米経済誌フォーチュンの大企業500 社最新番付で、小売り世界最大手の米ウォルマート・ストアーズが石 油最大手エクソンモービルから首位を奪還した。フォーチュンが15 日発表したもので、ランキングは年間売上高を基準にしている。

エクソンは2位に後退した。米国のリセッション(景気後退)で ガソリン需要が減少した一方で、低価格志向の消費者がウォルマート の値引き品を買い求めた。エクソンは2007年にウォルマートに首位の 座を奪われた後、昨年トップに返り咲いていた。石油大手のシェブロ ンは昨年と同じ3位。

銀行では2行が上位10位内に入ったが、住宅建設会社は上位500 社から姿を消した。自動車メーカーのゼネラル・モーターズ(GM) は今回初めて上位企業2%から外れた。順位は6位から15位に下がり、 1955年の番付開始以降で初めて上位10位内に入らなかった。

今年新たに上位10位内に入ったのは、証券会社メリルリンチを買 収した米銀最大手バンク・オブ・アメリカ(BOA)と同業2位のJ Pモルガン・チェースだけだった。BOAは11位から5位に浮上。J Pモルガンは債券トレーディング益の好調を追い風に16位から9位 に上昇した。

ブルームバーグの集計データによると、ウォルマートの昨年の売 上高は4082億ドルに対し、エクソンは2756億ドルだった。

フォーチュン大企業500社番付の上位10社は以下の通り。

今年の番付   昨年の番付
=================================================
1             2             ウォルマート・ストアーズ
2             1             エクソンモービル
3             3             シェブロン
4             5             ゼネラル・エレクトリック(GE)
5             11            バンク・オブ・アメリカ(BOA)
6             4             コノコフィリップス
7             8             AT&T
8             7             フォード・モーター
9             16            JPモルガン・チェース
10            9             ヒューレット・パッカード(HP)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE