米リーマンに提訴の根拠も、ゴールドマンなど相手に-破たん調査官

米リーマン・ブラザーズ・ホール ディングスの経営破たんの調査官アントン・バルカス氏は、同社のト レーディング・ポジションをシカゴの取引所が競売にかけた際、ゴー ルドマン・サックス・グループやバークレイズがこれらの引き受けで 12億ドル(約1120億円)の追加証拠金を要求したため、リーマンに は両社を相手取り提訴する根拠があるとみられるとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。