住友商:JCOMへのTOBが成立、応募3倍-筆頭株主に

住友商事は15日、ケーブルテレ ビ国内最大手ジュピターテレコム(JCOM)に対する株式公開買い 付け(TOB)が成立したと発表した。上限に設定していた株数の約 3倍に当たる260万2603株の応募があった。

住友商はTOB成立を受け、あん分比例方式で87万5834株を 1222億円で購入する。払い込みは21日。TOB価格は13万9500円。 応募株のうち、残りの約3分の2は買い取らない。発表資料では購入 による業績への影響は「詳細が判明次第、速やかに開示する」として いる。

同社は国内通信2位KDDIが2月にJCOMへ資本参加したの に対抗し、筆頭株主になる目的でTOBを実施していた。JCOMが 15日発表したリリースによると今回買い付けに伴い、住商の議決権ベ ースでの出資比率は27.5%から40.2%に上昇、KDDIの29.4%を抜 く。

JCOM株価は週明けから4日続落。15日は前日比8.8%安の8 万4800円と、2月8日に記録していた8万2600円以来、約2カ月ぶ りの安値をつけた。午後零時40分現在は同5.0%安の8万8400円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE