長期金利が一時2週間ぶり低水準、5年債入札結果順調で買い安心感

債券市場で長期金利は一時、約2 週間ぶり低水準の1.35%まで下げた。朝方は米国金利の上昇などを受 けて売りが優勢だったものの、午後に発表された5年債入札結果が順 調となり、投資家の潜在需要の強さが示されたことで買い安心感が広 がった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。