東京都債:国債への上乗せ金利、3.5bp-個別条件方式以降で過去最低

東京都が15日に募集を行った10年物 の公募地方債600億円の国債利回りに対する上乗せ金利は、3.5bp(1bp =0.01%)だった。地方債の発行条件が個別方式になった2004年4月以 降では最低水準。東京都財務局主計部公債課の鈴木直也課長補佐がブル ームバーグ・ニュースの取材で明らかにした。

東京都が発行する地方債の表面利率は1.4%。発行価格は99円98銭 で、応募者利回りは1.402%だった。3月に都が発行した10年債の上乗 せ金利は+5bpだった。米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P) からAAの格付けを取得している。

鈴木直也氏は「金融機関の余剰資金が地方債市場に流れ込んでおり 底堅い需給環境が続いている。国債よりも少しでも高いスプレッド(上 乗せ金利)の地方債に対する需要は根強い」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE