「アイアンマン2」などの映画先物の認可を推奨-CFTCスタッフ

映画の興行収入の先物市場創設の 認可についてハリウッドの映画業界は反対を表明しているが、この見方 に抵抗する米商品先物取引委員会(CFTC)のスタッフは、「アイア ンマン2」などの映画の興行収入先物の認可を推奨している。事情に詳 しい関係者2人が明らかにした。

関係者によると、このスタッフは、メディア・デリバティブズが申 請しているプロのトレーダー向け映画先物市場の創設をCFTCが16 日に認可することを勧めている。このような申請は2件提出されてい る。関係者は情報が公表されていないことを理由に匿名を希望した。

撮影スタジオなどが加盟する米国映画協会は、メディア・デリバテ ィブズとキャンター・フィッツジェラルドがそれぞれ計画している映画 の興行収入予想に基づいた市場の創設について、相場操縦につながり、 映画業界に悪影響を与えると主張。CFTCの委員の1人、バート・チ ルトン委員はこの計画に「不信感」を抱いている。CFTCの委員5人 のうち3人を民主党支持者が占める。

チルトン委員はインタビューで「利害が対立する。適法なヘッジ手 段としては機能しないだろう」との見解を示した。

CFTCは先週、決定を延期。メディア・デリバティブズによる当 初の申請に関して採決を予定している。同社はメディア関連投資会社ベ リアナ・ネットワークスの子会社。特定の契約に関しては2度目の採決 が必要となる。

キャンター・フィッツジェラルドは、個人投資家やプロのトレーダ ーを対象とした市場と先物の導入を希望している。22日に公聴会が開 かれる予定。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE