バーナンキ米FRB議長:MBS購入終了は住宅ローン金利上昇招かず

バーナンキ米連邦準備制度理事会 (FRB)議長は、1兆2500億ドル(約117兆円)規模の住宅ローン 担保証券(MBS)購入プログラムを3月末に終了したことが、住宅 ローンのコスト上昇を招くことはないとの認識を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。