米国債:10年債が下落、連銀報告の改善で売り

米国債市場では10年債が下 落。地区連銀経済報告(ベージュブック)で、大部分の地区連銀 が景気は3月に「いくらか」拡大したと報告したことが明らかに なり、売りが優勢になった。バーナンキ米連邦準備制度理事会(F RB)議長は、米国の景気拡大ペースが緩やかなものにとどまる と指摘した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。