欧州株:上昇、08年9月来の高値-インフィニオンなど半導体株高い

欧州株式相場は上昇。ストックス 欧州600指数は2008年9月以来の高水準を記録した。米半導体イン テルや金融JPモルガン・チェースの決算を受けて、景気回復に対す る楽観が広がった。

欧州最大の半導体メーカー、インフィニオン・テクノロジーズや 同業STマイクロエレクトロニクスを中心に半導体株が値上がりし た。インテルが発表した4-6月期の売上高見通しはアナリスト予想 を上回り、半導体銘柄を押し上げた。アライド・アイリッシュ・バン クスは米ゴールドマン・サックス・グループによる株式投資判断の引 き上げを手掛かりに上昇し た。

スウェーデンの通信機器メーカー、エリクソンは大幅上昇。クレ ディ・スイス・グループによる投資判断引き上げが好材料だった。資 産家のジョージ・ソロス氏がユーロ圏諸国のまとめたギリシャ支援策 は借り入れコストが高過ぎると指摘したのが嫌気され、ギリシャ株は 下落した。

ストックス欧州600指数は前日比0.7%高の270.44。同株価 指数は年初から6.5%上昇している。

スレッドニードル・アセット・マネジメントで世界株式責任者 のジェレミー・ポジャー氏は、「昨年がコスト削減の年ならば、今年 は低コストを基調とした売り上げ再構築の一年になることが、この 先発表される企業決算で裏付けられるだろう」と語り、「市場参加者 の株式投資への自信につながる。支援材料になるシナリオだ」と続 けた。

インフィニオン、STマイクロ

インフィニオンは2.8%高、STマイクロは2.7%値上がり した。

エリクソンは4.6%上昇。クレディ・スイスは同社の株式投資 判断を「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に引き上げた。 売り上げ見通しの改善が理由。

アライド・アイリッシュ・バンクスは7.9%高。ゴールドマン が投資判断を「ニュートラル」から「買い」に引き上げたのが買い 材料となった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE