ドイツ財務省:ギリシャ支援、実施には議会の承認が必要に-方針転換

ドイツ財務省は、ギリシャに金融 支援を提供する場合、その是非をめぐり議会で投票が実施されるだ ろうとの見方を示した。ギリシャ支援反対派の議員との対立が生じ る恐れがある。

ドイツ財務省のオフェル報道官は14日、ベルリンで記者団に対し、 ギリシャが支援を求めた場合、「財務省は議会に権限の承認を求め る」と述べ、連邦下院は「当然、これを承認する必要があるだろう」 と続けた。オフェル報道官は議会通過のプロセスがどの程度の時間 を要するか具体的には言及しなかった。

欧州連合(EU)はギリシャに300億ユーロの融資支援策を提示 したが、このうちドイツの拠出分は84億ユーロとなっている。議会 投票に基づく承認が必要となった場合、これまでの方向を180度転 換することになる。オフェル報道官は12日、ドイツの予算では一定 の融資と保証であれば、議会承認がなくとも政府がドイツ復興金融 公庫(KfW)を通じて供与することが認められていると説明して いた。

原題:Germany Says Greek Aid Probably Needs Parliament Vote (Update1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE