FRB議長:景気回復「緩慢」-「著しい抑制要因」続く

バーナンキ米連邦準備制度理事 会(FRB)議長は、米国の景気拡大ペースは緩やかなものにとど まるとの見通しを示し、低調な建設支出や高失業で、経済活動が抑 制されていると説明した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。