ECBのシュタルク理事:「時宜を得た」財政赤字縮小への着手が必須

欧州中央銀行(ECB)のシュタ ルク理事は、各国政府が「時宜を得た」やり方で財政赤字の縮小に着 手することが必要不可欠だとの見解を示した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。