三菱自、ユアサ:リチウムイオン電池新工場に375億円投資(Update2)

ジーエス・ユアサコーポレーショ ン、三菱商事、三菱自動車の3社は滋賀県栗東市に電気自動車(EV) 用リチウムイオン電池の新工場を建設する。総投資額は375億円。10月 に着工し、12年春の稼働を目指す。生産能力は年440万セル、三菱自の EV「i-MiEV(アイ・ミーブ)」5万台分を予定する。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。