ワシントンM元CEOはゴールドマン信用せず、鮫と泳ぐよう-メール

経営破たんした米S&L(貯蓄・ 貸付組合)、ワシントン・ミューチュアルの最高経営責任者(CEO) だったケリー・キリンジャー氏は、同社が破たんに向かいつつあった 2007年、ゴールドマン・サックス・グループを信用していなかった。 米議会の調査チームが公表した電子メールから分かった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。