裁定買い残が1年7カ月ぶり高水準、9日時点で2兆4990億円に

東京証券取引所が14日に発表した 9日時点のプログラム売買にかかわる現物株式の売買状況によると、 裁定取引に関連した現物買いのポジション(持ち高)は当月限、翌月 限の合計で2兆4990億円と、前週末比で5711億円増えた。増加は4 週連続で、リーマン・ショック直前の2008年9月5日(2兆6331億 円)以来、1年7カ月ぶりの高水準になった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE