米ハネウェルとパーカー・ハニフィン、中国で大型受注-航空機部品

航空機の制御装置などを製造する 米ハネウェル・インターナショナルと動力制御機器メーカーの米パー カー・ハニフィンは、中国初の狭胴型航空機に部品を供給する計98 億ドル(約9150億円)規模の契約を結んだことを明らかにした。中国 は航空機製造で米ボーイングや欧州のエアバスの追撃を狙う。

ハネウェルがブルームバーグ・ニュースに14日送付した電子メー ルによれば、同社は補助電源装置と関連部品の供給で73億ドル規模の 受注を獲得。パーカーは発表文で、燃料・油圧装置の部品を含む少な くとも25億ドルの契約を得たことを明らかにした。

ハネウェルエアロスペースのアジア太平洋担当社長マーク・ハウ ズ氏は、中国の飛行機メーカー、中国商用飛機との合意を発表した南 京からの電話で、ハネウェルが中航工業哈爾浜(ハルビン)東安発動 機(集団)と協力すると述べた。

パーカーは、チャイナ・アビエーション・インダストリーズ・シ ステムズと提携する。ハネウェル、パーカー両社はすでに現在開発中 の中国のリージョナルジェット「ARJ21」に部品を供給している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE