中国:青海省でM6.9の地震-約400人死亡、8000人が負傷

チベット高原に位置する中国西部 の青海省で14日、マグニチュード(M)6.9の地震が発生した。国営 新華社通信は、この地震による死者は約400人、負傷者は8000人に上 ったと報じた。2008年5月の四川大地震以来、最悪の災害となった。

米地質調査所(USGS)がウェブサイトで発表したところによ れば、地震は現地時間午前7時49分(日本時間同8時49分)に発生。 震源地は同省ゴルムド市の南東約375キロメートル、震源の深さは10 キロ。地震発生以後の4時間で、M4.8以上の余震が4回あったとい う。

青海省政府は、多数の建物が倒壊したと発表。新華社は地元当局 者の話として、震源地近くの町、結古では住宅の85%余りが崩壊した と伝えた。当局者によれば、専門学校生ががれきの下に埋まっている という。中国中央テレビ局(CCTV)は、救援活動を支援するため、 政府が武装警察隊およそ3000人を現地に派遣したと報じている。

青海省の人口は557万人で、隣接するチベット自治区に次ぎ2番 目に少ない。

時価総額で世界最大の企業、ペトロチャイナ(中国石油)の広報 担当者、毛沢鋒氏は電話取材に対し、青海省での操業に影響が出てい るとの情報はないと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE