鉄鋼株続落、JPモルガンは高炉業界の判断下げる-数量増余地限定

国内最大の鉄鋼メーカーの新日本 製鉄をはじめ、JFEホールディングスなど鉄鋼株が続落。高炉各社 の稼働率が回復したことを踏まえ、数量面での拡大余地が限定的との 見方から一部アナリストが高炉セクターの投資判断を引き下げたため、 株価の先高期待が後退した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。