中国:1-3月GDPは11.7%増か、利上げ圧力増大も-15日発表

ブルームバーグ・ニュースがま とめたエコノミスト調査によると、中国の2010年1-3月(第1 四半期)の実質国内総生産(GDP)は前年同期比11.7%増と、 約3年ぶりの高い伸びになったもようだ。同国の当局者が、利上げ や人民元の事実上のドル・ペッグ(連動)の廃止に踏み切る可能性 が高まる見通しだ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。