パル株が2年半ぶり高値、今期連結営業益17%増予想-経営効率改善

衣料品や雑貨などを販売するパルの 株価が急反発。一時前日比483円(21%)高の2810円まで上昇、2007 年10月以来約2年半ぶりの高値を付けた。衣料事業で機動的な商品投入 で店頭商品の鮮度を向上させたほか、雑貨事業では消費者の低価格化志 向に応え、売り上げは増加。時間外労働の削減で売上高人件費率も改善 し、前期(10年2月期)連結営業利益が前の期比23%増の52億円だった と13日発表した。業容拡大と経営効率改善に努め、今期も前期比17%増 の61億円を予想しており、収益拡大を期待する買いが優勢となってい る。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。