JCOM株続落し2カ月ぶり安値、住商TOB終了で買い手不在懸念

ケーブルテレビ国内最大手のジュ ピターテレコム(JCOM)株が一時前日比11%安の9万2800円と 大幅続落。2月15日以来、約2カ月ぶりの安値に沈んだ。住友商事に よる株式公開買い付け(TOB)が14日で終了するため、これと関連 付ける声が市場関係者の間で聞かれた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。