シンガポール通貨庁が予想外の通貨切り上げ-インフレ抑制へ

シンガポール通貨庁(MAS)は、 政府が今年の経済成長率とインフレ見通しを上方修正したのを受け、 事実上の通貨切り上げを通じてインフレ抑制を目指す方針を示した。 予想外の決定を受け、シンガポール・ドルは10カ月ぶりの大幅上昇と なった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。