田辺三菱株は大幅続落、子会社不正で一部業務停止-業績影響を警戒

中堅製薬メーカー、田辺三菱製薬 株が大幅続落。子会社バイファによる試験データ改ざん問題で、同社は 13日、厚生労働省から一時業務停止命令を受けた。「第1種医薬品」 のうち約1800億円(年間売上規模)が行政処分の対象となっただけに、 医療機関との一時取引停止など業績への悪影響が懸念された。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。