ブラジル中銀総裁:経済の「過熱」防止が課題-利上げに意欲

ブラジル中央銀行のメイレレス総 裁は、中南米最大規模の同国経済の「過熱」を防ぐことが中銀の課題 だとの認識を明らかにした。ブラジルでは内需拡大を背景に、過去最 高の経済成長が見込まれている。

メイレレス総裁(64)は中銀のリオデジャネイロ事務所で12日行 われたインタビューで、今年のインフレ率を中銀目標の4.5%を下回 る水準に押し下げることは「可能だ」と述べた。同中銀は金融政策会 合を2週間後に控えており、1年7カ月ぶりに政策金利を引き上げる と見込まれている。同総裁は、政策当局者が消費者物価を抑制するた めの利上げをためらわないと説明した。

メイレレス総裁は「ブラジル経済を過熱させないことが課題だ」 と指摘。「国全体としては極めて好調だ。これまで以上に力強く危機か ら脱却しており、内需はかなり強い」と語った。

金利先物市場では、ブラジル中銀が27-28日の金融政策委員会の 会合で政策印利を少なくとも0.5ポイント引き上げて9.25%とすると 見込まれている。ブラジルのインフレ率は3月に5.17%と10カ月ぶ りの高水準に上昇した。

-- Editors: Laura Zelenko, Adriana Arai

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 若林 有紀 Yuki Wakabayashi +81-3-3201-2263 Ywakabayash1@bloomberg.net Editor:Yoshito Okubo 記事に関する記者への問い合わせ先: Andre Soliani in Brasilia at +55-61-3329-1605 or asoliani@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Joshua Goodman at +55-21-2125-2535 or jgoodman19@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE