TB落札利回りが上昇、レポ金利高止まりで-共通担保オペ縮小を警戒

財務省が実施した国庫短期証券(T B)3カ月物入札は、落札利回りが小幅上昇した。足元のレポ(現金 担保付債券貸借)金利が高止まり状態となっているためだ。新型オペ の増額に伴って、従来の金利競争入札の共通担保オペが縮小されてい ることが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。