オバマ米大統領:中国国家主席に人民元「過小評価」と伝えた

オバマ米大統領は、米国は人民元 相場が過小評価されていると判断しており、為替レートは市場を反映 すべきだと語った。

大統領は13日のワシントンでの記者会見で、中国の胡錦濤国家 主席との12日の会談では、人民元相場がより市場実勢に沿って形成 されるべきだとの米国の立場を伝えたことを明らかにした。また、20 カ国・地域(G20)の一員として、世界経済の持続的成長に向けバラ ンス調整が必要との認識でも米中両国は一致したと語った。

大統領は「中国は間違いなく為替問題を主権問題としてとらえて いる」と指摘。「為替・金融政策を決定する際、中国は国際的な圧力 に強く反発するだろう」と語った。

中国国営通信社の新華社によれば、胡主席は12日の米中首脳会 談後、元の再評価は国内の「経済・社会発展における必要性」に基づ く必要があり、「外圧」を受ける中での変更はないと語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE