オバマ大統領が核安保の支持取り付けで成果-実行程度が次の課題

オバマ米大統領は自身が議長を務 めた核安全保障サミットで、参加46カ国から、核物質を防護し、テロ リストの手に渡さないとの確約を取り付けた。世界の指導者らがこの 約束をどの程度果たすかが次の課題となる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。