米ニューバーガー:日本の受託3カ月で15%増-海外分散投資

米独立系資産運用会社4位のニュー バーガー・バーマンのジョージ・ウォーカー最高経営責任者(CEO) は、日本の投資家からの受託増加傾向は今後も続くとの見通しを明らか にした。日本で景気刺激策が一定の効果を示す中、海外への分散投資を 望む年金基金などから資金が集まっているという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。