米金融危機調査委員会:シティ損失の元凶で、証券保証に照準合わせる

米金融危機調査委員会(FCI C)は、米銀シティグループが住宅ローン担保証券(MBS)など の販売てこ入れで活用した保証に照準を合わせている。こうした保 証は結果的に同行に140億ドル(約1兆3000億円)の負担をもた らした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。