ラガルド仏財務相:ユーロ圏のギリシャ支援策、異論生じる余地ない

フランスのラガルド財務相は13 日、ユーロ圏諸国が合意したギリシャ支援策について、実際に発動す る際に融資計画の大幅修正につながる異論が生じる余地はないとの見 解を明らかにした。

ラガルド財務相はパリで記者団に対し、「疑念や疑問、感情を差し 挟む余地はない」と述べ、「ギリシャ支援策はあらゆる技術的かつ実務 的な側面の議論を十分尽くした上で合意された」と説明した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE